• zbw_025-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    頭皮に優しい育毛剤
  • zbw_024-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    自毛植毛について。
  • zbw_023-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    薄毛を解消するためには
  • zbw_022-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    薄毛対策の仕方
  • zbw_021-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    正しい知識で確かな効果を
  • zbw_020-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    病院で行われる育毛法とは
  • zbw_019-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    さまざまな方法
  • zbw_018-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    髪の毛を健康に保つために
  • zbw_017-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    毛髪の移植で薄毛解消
  • zbw_016-1.jpg
    2018年08月21日 未分類
    効果が高い専門病院
zbw_023-1.jpg

あまり大っぴらに話す人はいませんが、薄毛の悩みを抱えている女性が大勢います。女性の場合、男性にどう見られているかという問題よりも、同性の目に自分の姿がどのように映っているのかという問題の方を気にする人が多いです。そのため、たとえ毛髪が薄くなってしまっても、その悩みを友達に気軽に喋ってしまったりするようなことはありません。自分の弱みを友達にすら見せないというのが女性ならではの特徴なのですが、人知れず薄毛の悩みを解消する努力を行っている人がたくさんいます。最近増えてきたのが、育毛剤を使ってセルフケアをするケースです。ドラッグストアや薬局へ行っても、並べられている育毛剤の大半は男性用の商品です。でも、インターネット通販を利用すれば、女性専用の育毛剤を比較的簡単に入手することができるため、実際に多くの女性が育毛剤を使用しています。

セルフケアについて

数ある美容外科クリニックの中には薄毛治療を行っているところがあります。医療機関を受診して専門医に任せてしまうという方法が、ある意味で一番手っ取り早い方法です。しかし、美容外科クリニックの治療は保険が効きませんので、かなり高額の費用がかかります。また、何度も通院しなくてはなりませんから、そのための時間を割かれてしまうことになります。でも、自宅で育毛剤を使用するという方法であれば、それほど高額の費用はかかりません。もちろん通院の必要もありませんから、誰でも気軽に薄毛対策を始めることができます。品質の良い育毛剤の値段は決して安いとは言えない金額ですが、美容外科クリニックで薄毛治療を受ける場合に比べれば、はるかにリーズナブルな値段になっています。現在、育毛剤を使って薄毛ケアを行っている女性の数が少しずつ増えてきています。

薄毛の治療法の一つに自毛植毛があります。自毛植毛とはその名の通り、薄毛が気になる部分に自分の髪の毛を移植することです。薄毛があまり気にならない部分の毛髪を、毛根ごと気になる部分に移植するのです。しかし、薄毛で悩んでいる自分の髪の毛を移植して本当に大丈夫なのか、という疑問を持つ人もいるでしょう。移植に使用するのは、後頭部や側頭部の毛髪です。薄毛は男性ホルモンが原因となることが多いのですが、後頭部や側頭部の毛根には男性ホルモンの受容体がほとんどなく、その影響を受けることがありません。移植した毛は、抜けにくい毛として生え続けることができます。また移植元の部位に関しては、もともと髪の密度が高いため、時間がたてばほとんど目立つことはありません。これが自毛植毛の特徴です。

自毛植毛の人気の理由は、植毛後の毛髪の定着率にあるでしょう。自毛植毛に使用するのは、先ほども述べたように後頭部や側頭部の毛髪です。この部位は、薄毛の原因にさらされることがないといっても過言ではありません。その部分の毛根を移植することは、健康な髪の毛を生やす基礎をそのまま持ってくるということです。ですから一度植毛を行えば、健康な毛根から髪の毛が生え続けるのです。移植後、一時的に抜け落ちることはありますが5~6か月ほどたてば安定し、95パーセント以上の毛髪が生着するといわれています。それによって、かつらなどと違いメンテナンスにかかる手間・費用の負担をほぼなくすことができます。これも人気の理由といえるでしょう。

薄毛の治療は年々進化していて、実に様々な種類があります。医療機関での毛髪再生治療や、内服薬を使った治療、オーソドックスな育毛剤を使った治療などです。医療機関で受けられる薄毛の治療は、植毛手術などですが、最近は、注射を使用した治療法が確立されています。髪が再生する成分を直接頭皮に打ち込むことで、殆どの人が育毛に成功するのです。このような治療は、国から指定された特定の病院でしか受けられないので、ネットなどで、検索してみると良いでしょう。また、病院に行かずに薄毛を治療する場合は、やはり育毛剤を使った方法が一般的です。育毛成分を多く配合した育毛剤は、頭皮に直接塗ることで、発毛細胞の働きを活発にしてくれます。育毛剤を使った育毛は、およそ三ヶ月程で効果が実感できるはずです。薬を服用して育毛をする場合は、医師と相談しながら適切な薬を処方してもらいましょう。
薄毛の治療を病院で行う場合は、しっかりと病院を見極めるべきです。薄毛の治療をする際、多くの人は皮膚科に行くはずです。確かに皮膚科でも薄毛の治療を行なっていますが、専門的な治療をしているわけではありません。そこで、薄毛専門で治療を行なっている美容クリニックを探しましょう。薄毛専門のクリニックでの治療は、一般の皮膚科に比べて費用が高くなります。しかし、医療技術が高度なので、確実に薄毛を解消してくれるはずです。医療機関で薄毛の治療を受ける場合は、保険が適用されないこともあります。治療の種類によって変わるので、事前に病院に確認しておきましょう。

男性の薄毛の9割がAGA(男性型脱毛症)と言われています。日本でも最近AGAという言葉をよく聞くようになり、AGAに効果があるというスカルプシャンプーなどが人気です。40代の男性の30%の人がAGAになるそうで、AGAの特効薬「プロペシア」なども一般的に普及しつつあります。 最新のAGA治療を見てみると飲み薬よりも進化しています。最近は多くの発毛クリニックでノーニードルメソセラピーを採用しています。ノーニードルメソセラピーとは、成長因子を頭皮に注入して発毛を促す療法のことです。毛根が刺激されて活性化し、髪の毛が生えやすくなります。ノーニードルメソセラピーは1ヶ月に一回くらいのペースで続けることで効果が高まるそうです。

ヘアケアで気をつけること

将来AGAになって頭髪が薄くなったらどうしよう、と不安に思っている男性も多いかと思います。若いうちから食生活や睡眠時間に気をつけたり、スカルプケアやヘアケアを丁寧にすることで、抜け毛、薄毛はある程度防げます。 カラーリングをして髪を染めると、髪の毛が傷んでしまい、抜けやすくなります。また、ワックスやムースなどのスタイリング剤を使用したらしっかりとシャンプーで落とすことも大事です。シャンプーが不十分だと、スタイリング剤が汚れとなって毛穴を塞いで毛髪が育たなくなります。また、髪の毛を洗ったらしっかりとドライヤーで乾かしてから寝ることも大事です。生乾きのまま寝てしまうと、枕との摩擦で髪の毛が傷む原因になります。

現在薄毛の治療は様々なものが行われています。
その中でも注目されているものが、ハーグ療法と呼ばれるものです。
幹細胞から成長因子を抽出し、それを頭皮に直接注入するというもので、ピンポイントで毛根内の毛母細胞を活性化させることにより、薄毛の解消を行うというものです。
発毛率が高く、副作用が無いということが大きなメリットです。
しかし、ハーグ療法には高い技術が必要で、治療を受けることができる場所は限られています。
治療を行うには、日本医療毛髪再生研究会に認定されることが必要で、福岡にもいくつかの美容外科医院が認定を受けています。

ハーグ療法は、施術浴室から効果が出るというものではありません。
ほとんどが6ヶ月から1年程度で効果を感じることができるというものです。
薄毛の治療では現在、プロペシアというAGA治療薬を中心として治療を行なっていきます。
しかし、治療薬は服用をやめると効果が薄くなって来ることから長期の治療を行うことが必要になります。
なお、ハーグ療法は治療後も効果が持続することから、経過観察のみだけということもあります。
また、福岡の病院では、プロペシアの処方も併せて行っている所もあります。
誰にでも処方を行なっているわけではなく、希望者のみに配布していくので、両方併用していきたいと考えている人に向いています。
福岡にはいくつか療法を行なっている病院があるので、自分に向いている所を探して行くことが大切です。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • zbw_021-1.jpg
    正しい知識で確かな効果を
  • zbw_022-1.jpg
    薄毛対策の仕方
  • zbw_023-1.jpg
    薄毛を解消するためには
  • zbw_024-1.jpg
    自毛植毛について。
  • zbw_025-1.jpg
    頭皮に優しい育毛剤
  • zbw_020-1.jpg
    病院で行われる育毛法とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。